今年も冬休みは子供と一緒に映画を見に行く予定ですが、仲の良い友達の家族と一緒に行くので、子供同士で映画を見てもらい、ママ達は子供が映画を見ている間はお茶でもしておしゃべりを楽しむ予定です。
子供向けの映画は子供同士で見た方が楽しいし、親の分の映画料金も浮くので助かりますよね。
映画はそのうちDVDでレンタルできるようになるし、それから見てもいいかなぁって思ってしまいます。
映画のDVDってプレスされたもので、マスターディスクからスタンパーという金型を作り、それを元にしてディスクを生産していきます。
DVDのプレスは大量に複製する場合に利用する方法で、500枚以上作るならコピーよりも安く作ることができます。
だから映画のDVDだけではなく、音楽のCDやゲームのDVDなどもプレスによって作られているんですね。
また納期は100枚でも10,000枚でも枚数に関係なく1週間から10日営業日になるのが一般的です。
雑誌の付録でDVDを作ったり、会社でDVDを作って配布するなどの予定がある場合には、DVDをプレスした方が高性能だし、枚数が多ければ安上がりですよ。