今年の10月から開始されるマイナンバー制度。
国民一人一人に12桁の番号が通知され、いわゆるマイナンバー制度が始まりましよね。
先日、姉たちとこのことについて議論してましたよ。
現在、内閣官房が公式に発表しているこの制度のメリットは以下の3つらしいですね。
公平、公正な社会の実現や、国民の利便性の向上と、行政の効率化みたいです。
これは先の年金記録問題について言っていると思っていいでしょうね。
情報がきちんと一元的に管理されていないことによる事実、そして記録のズレが生じるリスクを排除しようというわけですが、社会保障や社会福祉は元来弱者のために存在するものです。
例えば未成年者や、障害者、お年寄りなどを守るためにあります。
中には悪い考えを持った人間も少なからずいて意図的に自分の所得や税金をごまかし、得をしようという脱法者も現れますよね。
だから今年から松山 税理士頼みでしょうね?
これでなにも問題なく過ごせますよ。
いままでは自分でしてきたことでも専門に任せばなんてことないもんですよ。
地道が一番いいってことになるんですよね。
悪いことはしてはいけないんですよね。